旧町名をさがす会

かつては東京都内に存在し、そして消えてしまった旧町名。 このページは、行政上は消滅したものの、街角で未だに存在を確認することができた旧町名を紹介するものです。

はじめに

☆★☆★☆★過去の活動内容☆★☆★☆★
【2006年】引越し先の向かい側で膨大な旧町名の現存を目の当たりに。都内の旧町名探索開始。
【2010年】ブログ『旧町名をさがす会』開始。みちくさ学会に参画・寄稿開始。
【2011年】東京お台場の東京カルチャーカルチャーで開催の、みちくさ学会発表会で旧町名さがしの魅力についてプレゼン。《第1回のもよう》《第2回のもよう》
【2012年】デイリーポータルZ『旧町名を探す旅、についていく』で活動紹介。
【2013年】NPO粋なまちづくり倶楽部主催『ブラカグラ』で旧町名さがしの魅力と神楽坂地区の旧町名について講義。
【2016年】ニッポン放送能町みね子のTOO MUCH LOVER』に旧町名が好きすぎる人として出演。
【2017年】交通新聞社散歩の達人8月号の『上野周辺 消えた町名の痕跡をたどる』で活動紹介。

Twitter102so

【足立区】竹塚町

f:id:so102:20210427215655j:plain
【消滅した年】1971(昭和46)年
【現在の町名】竹の塚、保塚町、西保木間、平野、六月
【感想・雑記】
足立区内には史蹟として古墳が残っています。それが入谷古墳跡と白幡塚古墳です。いずれも竹ノ塚駅西側に位置していますが、かつてこの竹の塚のエリアには無数の古墳が存在していたそうです。竹塚の由来はまさにこの古墳で、塚は古墳を指し古墳に竹が生えていたことが由来なんだとか。

そんな、東武スカイツリーラインの駅名でお馴染みの竹ノ塚。駅名は「ノ」、現町名は竹の塚で「の」、そして今回の旧町名は間に何も入らない竹塚です。

竹塚町は、竹ノ塚駅東側エリアのみならず、現在の足立区六月、保塚町、六町あたりにも飛び地として存在していました。それほど広範囲であったにも関わらず、今まで十数年発見することが叶いませんでしたが、ローラー作戦でしらみつぶした結果、古文書かという判別度合いではありますが現時点で僅か1件現存を確認することに成功しました。心で読むのです。

[発見日:令和3年4月18日]

【足立区】五反野南町

f:id:so102:20210418100735j:plain
【消滅した年】1964(昭和39)年
【現在の町名】足立
【感想・雑記】 東武伊勢崎線五反野という駅名があります。ただ、五反野という町名は足立区にはありません。五反野駅近くの町名は足立区足立です。東京に来たばかりの人は五反田と間違えかねないこの五反野ですが、かつては町名として足立区に存在していました。
正確には今回の五反野南町と五反野北町です。

今回の五反野南町は五反野駅小菅駅の中間地帯に存在していましたが、一方で五反野北町の方は五反野駅のはるか北東方面、どちらかと言えばつくばエキスプレス青井駅が最寄りという位置関係です。

この五反野という地名の由来は、江戸時代にあった綾瀬村新五郎新田の小字「五段野」と言われています。

なお、五反野は五反田間違われがちですが、実は足立区には五反田という町名も存在しました。五反田の方は伊興町五反田という小字ですが、同時期に五反野と五反田が同じ足立区に併存していたことから、この五反野五反田問題は長年の懸案事項であったことが伺えます。

[発見日:令和3年4月4日]

【葛飾区】小菅町

f:id:so102:20210412213628j:plain
【消滅した年】1968(昭和43)年
【現在の町名】小菅、堀切
【感想・雑記】 東京拘置所のある町として有名な小菅ですが、東京拘置所のあった場所は江戸時代初期に家光から拝領された関東郡代である伊奈氏の屋敷があり、将軍の鷹狩りの休憩所でした。伊奈氏がなんやかんやで領地没収後の江戸後期は幕府所有地として籾蔵や鉄銭の鋳造場があったようです。

そして明治に入って間もなく、明治2年に小菅が大きくクローズアップされることになります。

あの「小菅県」の誕生です。

小菅県は、現在の東京、千葉、埼玉にかけて355もの町村を管轄する巨大自治体であり、県庁があった場所がまさに現在の東京拘置所だったのです。

鳴り物入りで誕生した小菅県はわずか3年間のみ存在したほぼ幻の県名ではありましたが、小菅の名前は日本の歴史に確実に刻まれました。

以上、小菅の歴史は東京拘置所のあの土地の歴史でもあるというお話でした。

そんな、小菅と共にある東京拘置所の最寄駅・小菅駅があるのは葛飾区小菅ではなく足立区です。

[発見日:令和3年4月11日]

【台東区】谷中茶屋町

f:id:so102:20210329222737j:plain
【消滅した年】1966(昭和41)年
【現在の町名】谷中
【感想・雑記】 旧町名が現町名当時に東京電力が各戸に設置した謎の標を勝手にデンリヨクと言っています。このデンリヨクの世界では何故か小文字が無効となり全て大文字になってしまうルールがあるっぽいです。その結果が今回のチヤヤなのです。

台東区の旧町名由来板によると、その由来は感応寺という日蓮宗のお寺が江戸幕府の命令で天台宗に改宗させられたことで檀家が超離れて経営難になり、経営の立て直しするために茶屋を作ったそのエリアだそうです。なのでこのチヤヤは文字通り茶屋なのです。感応寺はのちに天王寺と名前を変えていますが、その天王寺も谷中天王寺町という旧町名が存在していました。

谷中天王寺
https://9cm.hateblo.jp/entry/20101223/1293115453


谷中霊園入り口のほんの僅かな区域にも関わらず、デンリヨクとして現存していましたが茶屋らしいものも数軒あるようです。


[発見日:令和2年7月4日]

【墨田区】横川橋

f:id:so102:20210325224227j:plain
【消滅した年】1967(昭和42)年
【現在の町名】横川
【感想・雑記】橋があるかないか只それだけのこと。そのはずなんですが意外と残っていなかったりします。全域回って最後の最後で見つけた程です。

墨田区の旧町名には◯◯橋といういわゆる橋シリーズが存在していました。それが以下の5点です。全て実在する橋由来町名です。住居表示の実施を経て、彼らがどのような末路を辿ったか。その分かれまくった明暗を今一度ご確認ください。

横川橋
→現:横川。橋のみ消滅。今回の主役。

業平橋
→現:業平。橋のみ消滅するも、東京スカイツリー誕生に伴い駅名としても消滅。
https://9cm.hateblo.jp/entry/20110411/1302532829

吾妻橋
→現:吾妻橋。駅名と共に現存
https://9cm.hateblo.jp/entry/20160427/1461758294

・江東橋
→現:江東橋。そのままどころか柳原町という旧町名を地味に消滅させる。実は地味に錦糸町駅の所在地。
https://9cm.hateblo.jp/entry/20140115/1389791857

・平川橋
→橋どころか平川含めて完全に消滅。現町名って別に平川でもよかったのでは。
https://9cm.hateblo.jp/entry/20160628/1467122797

[発見日:令和2年11月29日]

【葛飾区】青戸町

f:id:so102:20210324202610j:plain
【消滅した年】1967(昭和42)年
【現在の町名】青戸
【感想・雑記】青砥左衛門藤綱という鎌倉北条氏に仕えた武士がこの地に住んでいたことが由来とも言われています。その後青戸となり青戸村を経て明治に入り隣の亀有村などと合併して青亀村が成立。青戸の名前は、昭和7年葛飾区誕生と共に復活したようです。

青戸町時代は4丁目まででしたが、現在の青戸は8丁目まで存在しているため探すエリアが広範囲となり、全域を回る前早々に運良く発見することができました。

[発見日:令和2年12月31日]