旧町名をさがす会

かつては東京都内に存在し、そして消えてしまった旧町名。 このページは、行政上は消滅したものの、街角で未だに存在を確認することができた旧町名を紹介するものです。

はじめに

☆★☆★☆★過去の活動内容☆★☆★☆★
【2006年】引越し先の向かい側で膨大な旧町名の現存を目の当たりに。都内の旧町名探索開始。
【2010年】ブログ『旧町名をさがす会』開始。みちくさ学会に参画・寄稿開始。
【2011年】東京お台場の東京カルチャーカルチャーで開催の、みちくさ学会発表会で旧町名さがしの魅力についてプレゼン。《第1回のもよう》《第2回のもよう》
【2012年】デイリーポータルZ『旧町名を探す旅、についていく』で活動紹介。
【2013年】NPO粋なまちづくり倶楽部主催『ブラカグラ』で旧町名さがしの魅力と神楽坂地区の旧町名について講義。
【2016年】ニッポン放送能町みね子のTOO MUCH LOVER』に旧町名が好きすぎる人として出演。
【2017年】交通新聞社散歩の達人8月号の『上野周辺 消えた町名の痕跡をたどる』で活動紹介。

Twitter102so

【新宿区】市谷冨久町

f:id:so102:20210130114419j:plain
【消滅した年】1986(昭和61)年
【現在の町名】富久町
【感想・雑記】 10年以上前に撮ったガラケー時代の写真を漁っていたら3つくらい連続で市谷冨久町の写真が現れました。本来懐かしいなぁでスルーしているところ、その光景から何らかのメッセージを受け取ったような気がして調べましたところ、まだ紹介していなかったことが判明いたしました。昔撮った写真なので当然初期に紹介したものという思い込みと、旧牛込区エリアは基本的に町名変更はされていないという先入観が良くなかった。

先入観といえばもう一つ、最近まで市ヶ谷富久町だと思っていました。市ヶ谷の方は元々は市ヶ谷冨久町でその後市谷冨久町に変わったようなので良しとして、冨久は「久しく富む町」の由来通り富久でも良いじゃないと思ったりします。

ちなみに、今回のこの写真のほかに発見した2点はいずれも市谷「富」久町表記でしたので、これはもうどちらでも良いよね。



あれ?今気がついたけどこの写真、市「ヶ」谷だ。一体何が正解なんだ…

[発見日:平成19年2月]

【中央区】新佃島東町

f:id:so102:20210113230616j:plain
【消滅した年】1967(昭和42)年
【現在の町名】佃
【感想・雑記】昔の写真を眺めていたら見慣れないデンリヨクが写る写真を見かけました。ガラケーで撮られたものなので画質は言わずもがなですが、それにしても見覚えがない。

ツクトウ?

トウは東の音読みと思われるけど、このエリアで東が付く旧町名として挙げられるのは月島東仲通と月島東河岸とどちらも月島なので違う。そうすると残るのは新佃島東町か…あれそういえばまだ見つけていなかったっけか…


あった!!!


という訳で、既に発見してきた旧町名に11年後気がつくとは思いませんでした。

この旧町名のあった下に掲載の建物は発見当時で既に解体を控えている様な状態でしたのでもうこの世には存在しません。他の新佃島東町が未だに発見できていないため最後の1点だったと考えられます。残念。
f:id:so102:20210113231444j:plain

[発見日:平成21年5月]

【北区】王子町

f:id:so102:20201208224455j:plain
【消滅した年】未詳
【現在の町名】王子本町
【由来】領主の豊島氏が紀州熊野権現から若一王子を勧請して建立した王子神社
【感想・雑記】王子駅の西側、北区区役所一帯の町名は王子本町といいますが、実はその一部分だけ王子町という旧町名が存在していたのです。ただ、この町名がいつ消滅したのかがはっきりしていないようです。手元にある町名変更の資料では昭和41年に王子本町全域で住居表示が実施されたことは記されていますが、肝心の王子町の記載は既にありませんし、Wikipedia大先生の北区町名の項でも「未詳(1966か)」との記載がされています。
なお、東京時層地図の高度成長前夜地図(1955〜1960年)にははっきりと王子町が載っていますので、1960〜1966年の間に王子本町に変更されたのではないかと推測できます。

王子の由来である王子神社こそ岸町ではありますが、もともとは王子村→王子町大字王子という正に王子中の王子と言っても良い場所です。さらに王子區から北区が成立した時点でも北区王子町だったのですが、1956年に突然王子町の大半のエリアが王子本町となり、ごく一部に残った王子町に至っては何となく消滅していたという、このような儚い結末を迎えた王子町。これらの背景を踏まえると、王子町が残っていたことがとんでもない奇跡のように思えてなりません。

[発見日:令和2年12月5日]

【板橋区】上板橋(町)

f:id:so102:20201202194400j:plain
【消滅した年】1965(昭和40)年
【現在の町名】上板橋、常盤台、南常盤台、桜川、東山町、弥生町、東新町
【感想・雑記】これたぶん上板橋町のはずなんですよ。確かに今も上板橋という町名はありますので今のやつでしょと思うかもしれません。
ただし現上板橋が1〜3丁目のところ、旧町名の上板橋町は1〜7丁目まで存在しており、ましてやこれは6丁目であることからも間違いなく旧町名の上板橋町のはずなのです。だからこそ、何故「町」が付いていないのか…町があるかないかだけの小さいことですが、そのあるかないかこそが大事なんですよ…

上記の現町名を見ていただければわかるかと思いますが、かつては大変広範囲に渡る町名でした。それ故に、現在も多くの場所で現存しているだろうと予想していたのですが、全くと言っていいほど残っていません。皆無ですよ。

[発見日:令和2年11月28日]

【文京区】小日向台町

f:id:so102:20201119212841j:plain
【消滅した年】1967(昭和42)年
【現在の町名】小日向、音羽
【感想・雑記】文京区小日向といえば高級住宅街且つ高台にある町でお馴染みです。坂の町文京区の中でも特にとんでもない急勾配の先にある町という印象しかないこの小日向ですが、その過酷さを端的に表すのが旧町名である小日向台町です。そのまんま小日向台地にある町という由来でしょうか。

小日向を冠とする他の小日向シリーズはこちら
【文京区】小日向町 - 旧町名をさがす会
【文京区】小日向水道町 - 旧町名をさがす会

[発見日:平成30年7月29日]

【大田区】調布大塚町

f:id:so102:20201118222622j:plain
【消滅した年】1970(昭和45)年
【現在の町名】雪谷大塚町、南雪谷
【感想・雑記】中原街道を挟んで雪が谷大塚駅の北側に位置する雪谷大塚町。このいかにも旧町名っぽく、更にはあたかも雪谷◯◯町という雪谷シリーズの旧町名が存在していたかのような町名、実は旧町名は調布◯◯町シリーズの一つ、調布大塚町という名前だったのです。

調布◯◯町という調布シリーズは、調布嶺町や調布鵜の木町などの旧町名が存在し、現在これらの町名は冠の調布が外れた状態で残っています。

一方でこの調布大塚町は、他の調布シリーズのように「大田区大塚」や「大田区大塚町」などではなく、新しく冠を付け替える形を選びました。

おそらく雪が谷大塚駅に合わせたのでしょう。なのに、雪が谷大塚駅の住所は大田区南雪谷。なんでだ。

ちなみの雪が谷大塚という駅名は、雪ヶ谷駅と調布大塚町駅の二駅が合併して誕生した駅名だそうです。それが1943年ですので、雪谷大塚町誕生の32年も前のお話です。

なお、大塚という名前はこの地域にある鵜木大塚古墳に由来しています。大塚から割と離れた場所にある鵜の木の名前が何故付いているのかというと、元々は調布村大字鵜の木字大塚だったのだそうです。池上村大字雪谷に隣接しているにも関わらず遠い遠い調布村の飛地として存在していた大塚が、調布大塚町時代を経て巡り巡って隣の雪谷と一体化して今に至ることに何らかの浪漫を感じずにはいられません。雪谷大塚町は、旧町名っぽい現町名などではなく本来のあるべき姿と言えるのではないでしょうか。

[発見日:令和2年9月5日]