旧町名をさがす会

かつては東京都内に存在し、そして消えてしまった旧町名。 このページは、行政上は消滅したものの、街角で未だに存在を確認することができた旧町名を紹介するものです。

はじめに

☆★☆★☆★過去の活動内容☆★☆★☆★
【2004年】
・アルバイト中に文京区駒込追分町、湯島新花町という現町名とは違う何かがあることに気がつく。
【2006年】
・引越し先の向かい側で膨大な新宿区柏木という旧町名の現存を目の当たりにする。都内の旧町名探索開始。
【2010年】
・ブログ『旧町名をさがす会』開設。みちくさ学会に参画・寄稿開始。
【2011年】
・東京お台場の東京カルチャーカルチャーで開催の、みちくさ学会発表会で旧町名さがしの魅力についてプレゼン。《第1回のもよう》《第2回のもよう》
【2012年】
・デイリーポータルZ『旧町名を探す旅、についていく』で活動紹介。
【2013年】
NPO粋なまちづくり倶楽部主催『ブラカグラ』で旧町名さがしの魅力と神楽坂地区の旧町名について講義。
【2016年】
ニッポン放送能町みね子のTOO MUCH LOVER』に旧町名が好きすぎる人として出演。
【2017年】
交通新聞社散歩の達人8月号の『上野周辺 消えた町名の痕跡をたどる』で活動紹介。
【2019年】
・日本で唯一の旧町名をさがすためのガイドブック「旧町名をさがす会 入会のご案内」発刊
【2020年】
・ねとらぼ「司書みさきの同人誌レビューノート」で旧町名をさがす会 入会のご案内の紹介
・全国で旧町名をさがすためのガイドブック「旧町名をさがす会 入会のご案内・全国」発刊
交通新聞社散歩の達人6月号「ご近所さんぽを楽しむ15の方法」で旧町名さがしを紹介
米粒写経公式チャンネル「書籍講談」で「旧町名をさがす会 入会のご案内」を紹介
【2021年】
・かつしかFM第36回 まりりん、けいたんのヨルスタ! - かつしかFM 78.9MHzに出演。
【2022年】
・読売新聞全国版4月29日「まちなかの絶景」で活動紹介。

Twitter102so

8.19平井トークイベントでした

連日の猛暑の中、皆様いかがお過ごしでしょうか。皆様の地域の旧町名はご健在でしょうか。住居表示は実施されましたでしょうか。

私といえば、旧町名さがし的に7月〜9月はオフシーズンという言い訳をしつつたまに近所の旧町名の生存確認をしては相変わらず鼻のあたりを日焼けする日々を過ごしています。帽子を被ればよかったよ。

そんな酷暑真っ盛りの8月19日に、江戸川区平井でとあるトークイベントが開催されました。

その名も「暗橋と旧町名で楽しむ平井」

暗渠マニアックスの吉村生さん&高山英男さんのお二人による展示会「暗橋で楽しむ平井さんぽ」、そのオープニングイベントとして開催されるものです。

このイベントに、僭越ながらゲストなどという畏れ多い身分で参加させていただきました。

「暗」と「旧」という、文字面だけを捉えると何この恐ろしく後ろ向きな組み合わせですが、来場チケットは完売で当日は満員。オンライン参加も多数の中で三人による予定時間の2時間を超えるほど熱いトークが繰り広げられました。

吉村さんよりご提供の当日の写真。向かって左から山形、福島、栃木。帽子を被ればよかったよ。

お客様と登壇者3名の熱気が当日の平井の気温を上昇させていたと思いますので、この場を借りてお詫び申し上げるとともに、暗渠マニアックスの吉村さん・高山さん、会場の別視点さん、そして来場・オンラインでご参加いただいた皆様、誠にありがとうございました。


9月16日までの毎週水・土は「暗橋×◯◯」の展示をご覧いただけますし、最終日には、東東京区区が絶賛発売中の漫画家・かつしかけいたさんをお招きしたクロージングトークイベントも開催される暗渠マニアックスのおふたり。向かって左から山形(吉村さん)、栃木(高山さん)。

・東東京区区1(かつしかけいた)
https://amzn.asia/d/27yC2ra

・9/16開催クロージングトークイベント「東東京の川と橋」
https://peatix.com/event/3683633


さて、ここからは私が当日どのような話をしたのか少しだけご紹介します。

私のテーマは「旧町名で楽しむ平井」。3部構成の話でしたが、そもそもお前誰だよという皆が思っていることを代弁すべく最初の自己紹介厚めで話しました。

今回お話しした対象エリアは、平井駅から半径3km。墨田区江東区葛飾区そして平井を擁する江戸川区墨田区民の感想としては、こうしてみると平井って近いよね。

次のそもそも旧町名とは的な話では、高山さんの理路整然としたフレームワークにインスパイアされた(パクった)何かについて解説しましたが、なんか知らんけどフレームにもワークにもならないただのカオスです。

最後は平井から半径3kmの各区の旧町名の特徴をご紹介。

と、ここで終われば良いものの急遽ボーナストラック的な新コーナーが始まりました。ヒントはこの写真。
これは是非映像を見てほしい。

そうなんです!

実は当日のイベントの模様をアーカイブ視聴することが可能なのです。繰り返しますが、是非見てほしい。
期限は9月18日。
以下サイトからチケットをご購入の上ご視聴ください!

https://peatix.com/event/3677098/

告知遅っ

8.19トークイベント 暗渠×旧町名=平井

連日の猛暑の中、皆様いかがお過ごしでしょうか。皆様の地域の旧町名はご健在でしょうか。

私といえば、旧町名さがし的に7月〜9月はオフシーズンという言い訳をしつつたまに近所の旧町名の生存確認をしては鼻のあたりを日焼けする日々を過ごしています。皆様のお陰で発売した弊著も5ヶ月が経過しそろそろ落ち着いてきたこのタイミングで、なんと!ありがたいことにトークイベントにお招きいただけることになりました。

題して「暗橋と旧町名で楽しむ平井」

暗渠マニアックスの吉村生さん&高山英男さんのお二人による展示会「暗橋で楽しむ平井さんぽ」、そのオープニングイベントとして開催されるものです。

一見すると関係の薄い「暗渠」と「旧町名」。ですが、両者の対象物は「消えてしまった川跡」と「消えてしまった町名跡」、対象は違えど実はアプローチは共通しているのです。そんな両者が今回、「平井から半径3km」という地域縛りの中で一体どのような視点を以ってその街を捉え、どのような切り口でその街を掘り起こすか。断言できるのは、絶対に面白いことになるということ。ぜひ歴史の証人になってください!

日にちは8月19日(土)17時から!

場所は平井駅北口すぐの「平井オープンボックス」!

参加のお申し込みはこちらから!会場かオンラインかお選びいただけます。

https://peatix.com/event/3646394

f:id:so102:20230813174540j:image

いやマジで面白いトークイベントになります。当日は三者それぞれのスライドトークトークセッションで進行する2時間のイベントの予定ですが、時間が足りないです。

少なくとも現在スライドトーク用のパワポを鋭意作成中ですが、一人あたり数十分の持ち時間のところパワポの枚数はすでに100枚。確実に時間との戦いになることでしょう。誰かが止めないと日付が変わるかもしれません。

 

ただ、内容は面白いはず。お気軽にお楽しみいただけるはずです。スライドトーク自体が12年前にお台場で開催されたみちくさ学会のプレゼン以来なので、12年分の溜まりに溜まった熱量をぶつけたいと思います。まだ二十代だった人間が、四十代手前で書籍発刊を経てどれだけ成長したか。その生き様を見届けるだけでも一見の価値あり!

日にちは8月19日(土)17時から!

場所は平井駅北口すぐの「平井オープンボックス」!

参加のお申し込みはこちらから!会場かオンラインかお選びいただけます。

https://peatix.com/event/3646394

【北多摩郡清瀬町】上清戸


【消滅した年】1970(昭和45)年
【現在の町名】清瀬市元町、上清戸
【感想・雑記】
地図を見ていると埼玉県所沢市新座市の間を東京都が滑り込んでいる形になっています場所がありますが、そこが清瀬市です。清瀬の清は旧村名である上中下清戸の「清」、そして柳瀬川の「瀬」、そんな清瀬市です。

上中下清戸という町名は現在も残っていますのでこれを旧町名扱いして良いものか審議が入りましたが、北多摩郡+清瀬町という自治体名としての旧町名の要素を2つも有していることから、VARするまでも無く旧町名となりました。

北多摩郡清瀬町、この消滅した2つの自治体を含めた変遷を見ていきますと、まず明治に上中下清戸村含め周辺の村の合併によって清瀬村が誕生します。その後村の時代に神奈川県から東京府に管轄が変わるなどを経て戦後に清瀬町、そして1970年10月に清瀬市となり現在に至ります。清瀬市誕生と引き換えに北多摩郡を失うことになりますが、この1ヶ月後の11月には北多摩郡自体が消滅してしまいます。

ここまで清瀬市の変遷を見てきましたが、変遷というほどは変も遷もしていませんでした。清瀬市で他に何か変か遷をしているものはないかと調べたところ、ありました。市長の変遷です。そこには変わった変遷がありました。

1970年に清瀬市が誕生してから現在の市長は4代目ですが、その4名のうち何と3名が「渋谷」姓!初代市長と直近の市長は祖父と孫の関係ですが、一代前の渋谷氏とは無関係とのこと。とはいえここまで渋谷が渋滞しているので清瀬市はそろそろ渋谷区を名乗っても良いと思います。そんな渋谷区に皆様是非お越しください。


[発見日:令和5年6月4日]

本が出ましたし、今尾恵介さんとのトークイベントもあります。

3月13日、弊著「旧町名さがしてみましたin東京」が無事発売されました。

https://www.amazon.co.jp/dp/4576230123

発売から一週間が経ち、ありがたいことに多くの書店の店頭に並んでいましたし、ありがたいことに多くの皆様方に購入いただいています。Amazonの本のランキングも全体で5,000位前後で推移するという良いのか悪いのか反応に困る位置づけです。

 

そして、お待たせしました。本の幅は16㎜でした。

 

全240ページのボリューム感は実際にいざ実物を目にして手にすると圧倒されました。自分で書いておきながら。

 

初見の感想は

「逃げ場なし」

 

通常の本に有りがちな「余白」がないのです。余白ページが。

 

その結果、文字と写真が延々と続く状態です。良く言えば活字と写真と旧町名に溺れることができる。オブラートに包まないで言うと、疲れる。いや、これも良い意味ですよ。良い意味で疲れる。きっと1日でぶっ通しで読む本ではないのかもしれません。読みたい場所を摘んで少しずつ読んでいただき、少しずつお楽しみいただきたい、そんな一冊です。

 

そして、そんな良い意味で疲れると話題のこの本の出版を記念して、

今週24日(金)に下北沢の書店B&Bでトークイベントが開催されます。

 

それがこちら↓

bookandbeer.com

 

そう。なんと、

あの地名研究家の今尾恵介さんをお招きしたトークイベント

なのです!

 

本が出ること自体もドッキリと思っていたところなので、これこそ完全なドッキリとしか思えません。しかし、ガチでした。ガチで開催されます。

 

そもそも旧町名を扱った本を出したとはいえ、私は地名にも町名にも明るいわけでもない只の町を徘徊しているだけの不審者です。そんな不審者が何かの間違いで神と対峙することになってしまったのです。

 

これは完全に怒られるやつだ。

 

そう思っていましたが、実は先日トークイベントの事前打ち合わせで今尾さんと顔合わせをさせていただきました。詳しいことは言えませんが、どうやらトークイベントはガチで行われますし、もちろんだれも怒られません。

 

それどころか

 

おそらく

 

そして確実に

 

めっちゃ面白いイベントになりそうですよ!

これはマジで。

 

今尾さんファンの方も、旧町名好きな方も

参加して損は無いです!

 

オンラインか会場で参加できますが、可能でしたらぜひ会場で参加いただきたい!

当日は、みなさまお誘い合わせのうえ、歴史の証人になってください。

 

参加申し込みはこちらから↓

bookandbeer.com

本がでます。

「あれ?ブログってどうやって書くんだっけ?」

 

旧町名をさがす会、およそ1年ぶりの更新です。

 

約1年もの間、なぜブログの更新が止まっていたのか。私は何をしていたのか。

更新を忘れていたわけでも、ログインパスワードを忘れたわけでもありません。

山籠りもしていません。ネタ切れやストック切れでもないとは言い切れません。

外付けHDDが壊れて14万円を払ってデータ復旧したショックで絶筆したわけでもありません。

 

この1年、原稿を書いていました。

 

昨年2月から11月まで、来る日も来る日も原稿を書いていました。

 

旧町名や住居表示という文字を何万回打ち込んだかわかりませんが、そのような日々を送った結果、冒頭のとおりブログの書き方を忘れてしまいました。本を出すためですから多少の犠牲は仕方がありません。

 

そうです!本を出すんです、私。

 

なんと、3月13日に二見書房さんから旧町名の本を出すことになりました!!

↓↓↓

www.futami.co.jp

 

どんな本でしょうか?

 

私もよくわかりません。正確に言うと、よくわからない内容になりました。地域研究や地名研究の類の学術書でもなく、まちあるきの指南書的なものでもありません。

 

二見書房さんのサイト内にある書籍紹介文を借りると

かつて存在し、そして消滅した地名=旧町名の名残りをさがす異色の街歩きエッセイ!

です。

 

つまり、完全に娯楽書です。娯楽として気軽にお楽しみいただきたい、その一心で書き上げました。100%書き下ろしです。いや、正確には92%書き下ろしでしょうか。

残り8%は特別対談分です。

 

なんと、

文筆家の能町みね子さんとの特別対談が12ページも収録!

 

これはすごい。そして、やはりブログの書き方を忘れてしまったので、脳が思いついたまま文字を入れ殴っています。今の所NO推敲です。

 

二見書房さんのサイトには、本で登場する旧町名の一例が掲載されています。これらはあくまで一例です。そこで、このブログを単なる宣伝やリハビリで終わらせない付加価値が必要と考えましたので、本書で掲載した旧町名の一覧をご紹介します。

↓↓
千代田区
三年町/神田松富町/神田五軒町/三崎町/猿楽町/須田町/神田旭町/神田田代町/神田一ツ橋

中央区
京橋區+日本橋區/本町/新佃島西町/日本橋兜町/月島通/宝町/霊岸島/越前堀/木挽町/小田原町/銀座西

【港区】
我善坊町/西久保広町/谷町/芝白金今里町/芝下高輪町/伊皿子町/三田豊岡町/芝琴平町/赤坂檜町/芝二本榎西町/芝三田小山町/赤坂氷川町/麻布霞町麻布笄町

【新宿区】
十二社/淀橋/柏木/角筈/三光町/花園町/諏訪町/坂町/本塩町/三栄町/戸塚町/霞丘町

【文京区】
音羽町/東青柳町/西青柳町/久堅町/真砂町/大塚窪町/第六天町/駒込追分町/根津須賀町/竹早町

台東区
浅草象潟町/南松山町/浅草公園六区/浅草聖天横町/池之端七軒町/上野花園町/谷中上三崎南町/谷中天王寺町/松葉町/谷中初音町/万年町/南稲荷町

墨田区
業平橋/竪川/東両国/錦糸町/寺島町/吾嬬町西/吾妻橋厩橋/小梅

江東区
深川白河町/深川牡丹町/深川平野町/深川洲崎弁天町/佐賀町/深川新大橋/深川住吉町/深川木場/深川門前仲町

【品川区】
品川宿/大井伊藤町/大井鎧町/大井滝王子町/中延町/上大崎長者丸/上大崎中丸

【目黒区】
月光町/駒場町/唐ヶ崎町/向原町/清水町/衾町

大田区
大森區+蒲田區/池上徳持町/入新井町新井宿/女塚/道塚町/森ケ崎町/市野倉町

【世田谷区】
玉川等々力町/玉川上野毛町/玉川瀬田町/大原町/廻沢町/烏山町/粕谷町

【渋谷区】
常磐松町/金王町/北谷町/原宿/穏田/伊達町/羽澤町/大和田町/代々幡町代々木富ヶ谷/通シリーズ/上智町/桜丘町

【中野区】
囲町/桃園町/文園町/中野町字道玄/塔ノ山町/仲町/宮前町/通シリーズ

【杉並区】
高円寺/神戸町/関根町/東荻町/馬橋/宿町/成宗/東田町/西田町

【豊島区】
椎名町/池袋東/長崎東町/高田本町/西巣鴨町大字巣鴨

【北区】
王子町/岩渕町/稲付町/袋町/稲付島下町/滝野川區+王子區

荒川区
日暮里町三河島町/日暮里渡辺町/日暮里町大字旭町

板橋区
小山町/茂呂町/根ノ上町/志村町/長後/板橋町下板橋/仲宿/徳丸本町

練馬区
板橋區練馬南町/田柄町/江古田町仲町

【足立区】
四ツ家町/小右衛門町/荒川の先の千住/伊興町シリーズ/舎人公園の亡霊

葛飾区】
本田中原町/本田渋江町/水元小合上町/本田木根川町

江戸川区
堀江町/逆井/葛西/桑川町/下鎌田町

 

どうですかこのボリューム感。なんか胃もたれしてきましたね。

本書は全4部構成で、上記の旧町名紹介は第2章にあたります。もちろんこれが本書のメインコンテンツではありますが、このほかにも第1章と第2章に大小コラムやらも控えています。マジで胃もたれするほど末長く娯楽としてお楽しみいただけるはずです。なにせページ数は合計240ページですから。

 

本日時点ではまだ見本誌が到着前なのでその厚みは不明ですが、相当の分厚さとのこと。見本誌が到着しましたら、センチメートル数をご報告させていただきます。

 

以上、今回は本の第2章に掲載されている旧町名の一覧のご紹介でした。ぜひぜひお買い求めください!

↓↓

www.futami.co.jp

【中野区】囲町

【消滅した年】1966(昭和41)年

【現在の町名】中野

【感想・雑記】5代将軍・徳川綱吉の生類憐みの令の言わば代名詞的な「犬屋敷」。または御囲」。江戸市中の野犬を収容した場所が現在のJR中野駅北側です。約93ヘクタール(93万平方メートル)に約10万匹のお犬様が収容されていたそう。ムツゴロウ王国の原型である。

その御囲の名残を伝えるものとして町名に「囲」が用いられましたが、住居表示の実施で中野区中野に。町名が消滅した後も「囲町」の名は町内会名や電柱の札に残り続けてきたわけですが、この御囲エリアでこれから再開発が始まります。建物解体用の柵に囲われているこの皮肉。旧町名共々囲町の運命や如何に。

[発見日:令和4年4月8日]