旧町名をさがす会

かつては東京都内に存在し、そして消えてしまった旧町名。 このページは、行政上は消滅したものの、街角で未だに存在を確認することができた旧町名を紹介するものです。

はじめに

☆★☆★☆★過去の活動内容☆★☆★☆★
【2006年】引越し先の向かい側で膨大な旧町名の現存を目の当たりに。都内の旧町名探索開始。
【2010年】ブログ『旧町名をさがす会』開始。みちくさ学会に参画・寄稿開始。
【2011年】東京お台場の東京カルチャーカルチャーで開催の、みちくさ学会発表会で旧町名さがしの魅力についてプレゼン。《第1回のもよう》《第2回のもよう》
【2012年】デイリーポータルZ『旧町名を探す旅、についていく』で活動紹介。
【2013年】NPO粋なまちづくり倶楽部主催『ブラカグラ』で旧町名さがしの魅力と神楽坂地区の旧町名について講義。
【2016年】ニッポン放送能町みね子のTOO MUCH LOVER』に旧町名が好きすぎる人として出演。
【2017年】交通新聞社散歩の達人8月号の『上野周辺 消えた町名の痕跡をたどる』で活動紹介。

Twitter102so

【大田区】下丸子町

f:id:so102:20211025211419j:plain
【消滅した年】1966(昭和41)年
【現在の町名】下丸子
【感想・雑記】あのキヤノンやあの白洋社の本社がある町・下丸子です。下があるなら上も中もあるわけですが、隣町は矢口や鵜の木等々、下しかありませんしましてや丸子ですらありません。これは新旧町名ともに同じです。他の丸子はあるのでしょうか、丸子はどこに行ってしまったのでしょうか。

実は他の丸子たちは多摩川の対岸・川崎市に存在しているのです。以下の通り丸子めっちゃいました。
・中丸子
・上丸子
上丸子山王町
上丸子八幡町
上丸子天神町
・新丸子町
・新丸子東
・丸子通


[発見日:令和3年10月23日]

【港区】麻布谷町

f:id:so102:20161206205841j:plain

【消滅した年】1967(昭和42)年
【現在の町名】六本木
【感想・雑記】麻布區谷町の琺瑯看板が保存されている赤坂の居酒屋・丸重さん(@marujhuakasaka)、実はその次の旧町名「港区麻布谷町」の琺瑯看板も同じく店内に保存されているのです。片方だけでも貴重だと言うのに、どちらもあるのは奇跡としか言いようがありません。いつまでも残り続けてください。

[発見日:平成28年12月6日]

【大田区】萩中町

f:id:so102:20210612140950j:plain

【消滅した年】1964(昭和39)年

【現在の町名】萩中、本羽田

【感想・雑記】荻窪シリーズとは異なり、萩北も萩南もましてや西萩北もなく「中」のみ。様々な萩+方角があり歴史とともに削ぎ落とされて結果萩中が残ったのではと思いましたが、どうやら萩中という名前は江戸時代の荏原郡萩中村から続いているようで、他の方角は確認できませんでした。ただ、萩中村時代の小字には、「南耕地」「中耕地」「北耕地」という方角を確認できました。

なお、萩中村当時の様子について、新編武蔵風土記稿によると「すべて平地にして水田多く陸田少し」とのこと。

 

あとやっぱり萩と荻は確実に間違える。間違えそうだなと思っていたらこの記事中のタイトル以外全部間違えていたので慌てて直しました。

 

[発見日:令和3年6月12日]

【板橋区】板橋町

f:id:so102:20201128144331j:plain

【消滅した年】1965(昭和40)年

【現在の町名】板橋、加賀

【町名の由来】石神井側に架かる板の小橋

【感想・雑記】由来となっている橋は今も板橋区本町と仲宿間に架かっています。この小規模の橋が区名にまでなるってよく考えたらすごいことですよね。中山道の玄関口的な場所から中山道六十九次日本橋から数えて最初の宿場「板橋宿」として発展し、さらに川越街道の起点でもあるなど、立地的な優位性が影響しているのでしょう。

そんな板橋の中の板橋である板橋町、かつては10丁目まで存在した広い町域を有していましたが現在は4丁目までしかなく、さらに新旧町域は微妙に異なるようです。現在の板橋は、旧板橋町の1、2、5、6、8丁目相当のエリアです。

[発見日:令和2年11月28日]

【世田谷区】池尻町

f:id:so102:20190309150335j:plain

【消滅した年】1971(昭和46)年

【現在の町名】池尻、下馬、三宿太子堂

【町名の由来】蛇池という池のほとり

【感想・雑記】池尻大橋駅の池尻の方です。戦前この町域には駒澤錬兵場の半分がありましたが、現在は世田谷公園や自衛隊中央病院となっています。

それより大事なことは池尻大橋という町名は存在しない点です。これは合成地名駅なのです。世田谷区池尻と目黒区大橋の中間地点にあるためこの駅名となりました。ただし、開業前は「大橋池尻駅」というちゃんと最後に尻が来る予定でしたが、開業2ヶ月前に急遽逆になりお尻が上になったようです。ニコちゃん大王か。

なお、池尻の尻はお尻・臀部ではなく、出口という意味での尻です。お尻じゃん。

[発見日:平成31年3月9日]

【渋谷区】恵比寿通

f:id:so102:20130608151546j:plain

【消滅した年】1966(昭和41)年

【現在の町名】恵比寿

【感想・雑記】恵比寿駅東口から白金方面に伸びている恵比寿通り沿いに、そのまんま恵比寿通という町名がありました。渋谷区には恵比寿通のような◯◯通という町名が数多く存在していました。

恵比寿通りを白金方面に進むと渋谷区と港区の区境に辿り着きます。旧町名でいうところの渋谷区恵比寿通と港区芝白金三光町の境目ですが、突然おそらく空襲被害がなかったであろう戦前の木造建物が立ち並ぶ一角が現れます。

f:id:so102:20201107123057j:plain

ただでさえ開発著しい都心でこれだけの数の古い建物が道沿いに残っているのはほとんど奇跡に近いのではないでしょうか。

f:id:so102:20201107123148j:plain

今後、この立ち並ぶ建物が空き地や駐車場、マンションなどに建て替えなどで虫食い状態になったりする可能性も考えられますが、これは貴重な観光資源として活かすことができるかもしれません。なんてポテンシャルの高いエリアでしょうか。

f:id:so102:20201107122907j:plain

そんな恵比寿通り沿いにあった旧町名「恵比寿通」。実はこの旧町名が記されたデンリヨクは現地には存在しません。遠い小金井市江戸東京たてもの園内に移築された建物にそのまま張り付いた状態で残されているのです。現地にあった建物にはかわりないので旧町名扱いとしました。

[発見日:平成25年6月8日]